包茎から起き易い炎症、病気

banner

HIV感染症とは

仮性包茎では性感染症リスクがあがります。ペニスが不潔になりがちなことや、刺激に弱いことから傷がつきやすいため細菌やウイルスに感染しやすいからです。

性感染症としても知られるHIV感染症、後天性免疫不全症候群もその一つです。
HIVは感染力の低いウイルスですので、感染者と共に生活していても感染はほとんどしません。
しかし、粘膜や血管に達する傷に退役が侵入すると感染してしまうため、性交渉での感染の可能性が非常に高いのです。
また輸血など血液による感染、母子感染が主な感染ルートに挙げられています。

HIVに感染すると、まず急性感染期といってインフルエンザのような症状や発疹がでたり、神経症や髄膜炎、脳炎などを引き起こします。
この症状は感染後2~4週で起こり、数日程度で軽くなり、以後は長期間の無症候期に入ります。症状も他の病気でも怒るようなものなので、HIV感染に気づくのは難しく、抗体が少ないために検査も陰性となることもあります。
そのあと5~10年は無症状で過ごしますが、体内ではウイルスが多く繁殖していきます。
その後、免疫低下症状を表し、全身の倦怠感や体重の現象、下痢、極度の疲労など、風邪似た症状がでます。これをエイズ関連症状といいます。また顔面や全身の皮膚炎も出てきます。殆どの場合、ここまでの症状が出てやっとHIV感染が発覚します。
このあと、日和見感染という普通の免疫力をもつ人ではかからない細菌への感染などを惹こ起こし、ガンなどの悪性腫瘍など生命の危険を及ぼす症状が出てきます。さらには神経し細胞を冒してHIV脳症という神経障害や認知症、記憶障害を引き起こします。
そして、ついには死に至るのです。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.