包茎から起き易い炎症、病気

banner

クラジミア感染症とは

仮性包茎は刺激に弱いことから傷がつきやすいため、細菌に感染しやすくなります。また不潔な状態になるため、菌の繁殖しやすい環境になってしまっています。
そのため、性感染症のリスクが高くなってしまいます。包茎は病気になりやすいのです。

性器クラジミア感染症というものがあります。これはクラジミアという細菌が性行為により喉や性器、尿路に感染することで起こるものです。
感染後数週間で症状があらわれますが、自覚症状に乏しいのが特徴です。男性は透明な膿が尿道からでるようになり、痛みがあることもあります。女性はおりものが増えますが、あまり症状は出ません。
これを放置すると、感染が体の内部へと進んでいきます。
男性は尿道から前立腺炎、副睾丸炎のほか、肝臓や腎臓に炎症を起こします。
女性の場合は子宮頸管炎、子宮内膜炎など子宮の炎症を起こす他に、骨盤腹膜炎を引き起こします。さらには子宮外妊娠や不妊の原因ともなります。早産や流産の原因ともなる他、新生児が感染し結膜炎や肺炎になってしまうこともあります。
また、他の性感染症やHIVへの発症率が格段にアップしてしまいます。

治療は、抗生物質や抗菌剤を一定期間投与することで行ないます。医師が完治したと診断するまで治療を続ければ、ちゃんと治すことはできます。

予防はセックスを避けることです。不特定多数との性行為が最大のリスクです。コンドームを着用すれば性器からの感染は防げますが、ディープキスなどで喉に感染した菌が口から口へと移ってしまうことはあります。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.