包茎から起き易い炎症、病気

banner

軟性下疳とは

軟性下疳は日本ではあまり症例のない性感染症ですが、アフリカや東南アジアでは多く、アメリカではこの病気が増えているだけでなく感染するとHIVへの感染率が上がるとして、注意するべき性感染症であるとされています。
国内での患者は少なく海外での感染がほとんどですが、近年は海外旅行をする人が少なくないので警戒が必要です。

あらゆる性行為により、軟性下疳菌が感染することで発症します。発症部位は男女ともに外性器の周辺。また口への感染の可能性もあります。この病気は発症している箇所に接触することで感染します。
症状としては、豆粒ほどの柔らかいコブができ、それが潰れて潰瘍となります。この潰瘍に触ると強い痛みがあり、太股付け根のリンパ節の腫れと痛みも伴います。
発症まで数日程度と症状が出るのが早く、非常に強い痛みを伴うのですぐに症状を自覚できますので、早期に医師の診察を受けることができます。特徴的な症状ですから、医師ならばすぐに判断がつきます。
また痛みを我慢し続けていない限りは他人に移す可能性は低いのも特徴です。治療後数日内にパートナーにも発症しなければ、感染はないと推測できます。それでも確実を期すには医師の判断を仰いでください。

治療は潰瘍への軟膏の塗布と、抗生物質の服用または注射で行ないます。上手く行けば一週間程度で症状は改善します。

最も確実な予防はセックスしないことです。コンドームの使用は有効ですが、経口感染の可能性はあります。
また、包茎で不潔な状態のペニスでは菌が繁殖しやすくなります。包茎の手術を検討した方がいいでしょう。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.