包茎から起き易い炎症、病気

banner

淋病とは

淋病は、淋菌という細菌の感染による病気で、ポピュラーな性感染症です。近年はまた増加傾向にあるようで、クラジミアとの同時感染のケースも多くあります。

この病気は性行為とオーラルセックス、出産時の母子感染により感染します。タオルからの感染例もあります。

症状は感染後数時間から数日であらわれます。喉に感染した場合は咽頭炎、性器では男性は淋病性尿道炎、女性は子宮頸管炎を起こします。
また直腸や目など、性器以外の粘膜に感染することもあります。これらの場合は痛みなどの症状があまり出ないのも特徴です。
男性は排尿時や勃起時に激しい痛みがあります。診断すれば9割方診断がつきます。
女性の場合、数ヶ月自覚症状がなく、膀胱炎や膣炎など他の病気と区別がつかないこともあります。放置すると骨盤内や卵巣などに感染が進み、内臓の炎症や不妊症、子宮外妊娠に発展します。6割程度しか診断で特定できません。
新生児では、出産時に母体から感染します。両目に感染してしまうことが多く、早期治療しなければ失明の可能性があります。また全身に感染が広がり、関節や肝臓の膜、心臓の内部に感染することもあります。
多くの場合、これらの淋菌による感染は何度も繰り返されます。

治療は抗生物質の投与です。治療には数日から数週間かかり、医師に処方された薬はしっかりと飲み切ることが重要です。

予防法は、セックスをしないことです。次いで、不特定多数との性交を避ける事と、コンドームを着用することです。ただし経口では感染する可能性があります。
包茎の人は治療しておけば、菌がつきやすい環境を避ける事ができ有効です。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.