包茎から起き易い炎症、病気

banner

包茎ペニスがパートナーを病気にする

包茎のペニスは皮に覆われた状態であるため、湿気がこもりがちになります。また、注意して清潔にしないと汚れがたまりやすくなります。
真性包茎やカントン包茎であれば恥垢という老廃物や腐敗物がたまり非常に不潔になり、しかも洗浄が難しいという状態になりますが、この場合セックスはできないのである意味では問題はありません。しかし、仮性包茎でセックス可能な場合、普段から皮を剥いておき乾燥させ、かつよく洗浄して清潔にするように心がけておかないと、パートナーの女性を病気にしてしまうことがあります。

ウイルスや細菌により女性の性器に感染する性感染症としては、子宮頸がんやクラジミア、カンジタ症等が挙げられます。この他にも、膣の炎症を引き起こす要因として、一般の細菌等が挙げられます。こうしたものは不潔なペニスにつくことが多く、男性側がなんともなくても月経などで免疫のバランスが変化しやすい女性には大きなダメージを与えてしまうということがあります。つまり、包茎ペニスについた細菌により、自分は平気でもパートナーを病気にしてしまうということになるのです。
膣炎の症状としては、おりものが多くなったり、悪臭やかゆみ、ヒリヒリしたりといったものが出てきます。

男性側がパートナーを病気にしないためには、ペニスを清潔にすることです。
包皮が被っている状態では雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうので常に皮を剥いておくことです。包茎の状態によっては、手術を受けることも必要です。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.