包茎から起き易い炎症、病気

banner

性器カンジタ症

仮性包茎では性感染症リスクがあがります。ペニスが皮に覆われて不潔になりがちなことで細菌に感染しやすいからです。

性器カンジタ症は、カンジタ菌による感染症です。この病気は男女で発症に差があります。
湿っている環境でなければ菌が増殖しにくいので、女性には非常によく発症するのですが、通常の男性では性器が露出していて通気性が良いために起り難いのです。しかし、包茎の場合は皮に閉鎖され湿っているので感染の可能性が高くなります。また、その菌がセックスをすることで女性に感染してしまうことがあります。そのため、女性のカンジタ症の原因がパートナーである男性の包茎ペニスであったという事例が少なくないのです。

症状は、男女ともに強いかゆみと、性器の真っ赤な炎症がみられます。また、女性では白いおりもの、男性では亀頭からの分泌物がでます。

原因は体調不良や過労、ストレスによる免疫力低下、通気性の悪い下着や衣類による蒸れ、女性の場合はホルモンバランスの変化により性器の自浄作用の低下が挙げられます。これにより善玉菌が減り体内の菌のバランスが崩れ、カンジタ菌が増殖してしまうのです。
そのため、女性の場合は性交経験がなくても発症してしまうことがあります。
また、男性が包茎などでカンジタ菌が性器に繁殖していると、性行為で女性に感染させてしまいます。

治療法は、ビタミン剤や乳酸菌整腸薬、抗生物質の服用です。抗真菌薬の軟膏を患部に塗ることもあります。女性の場合は座薬の挿入などもあります。
また、生活習慣を見直し栄養状態を改善することも必要となります。
さらに、パートナーの男性の包茎からの感染が原因である場合には、包茎の手術をすることが必要となります。そうしなければ、また繰り返し感染させてしまいます。それだけではなく、子宮頸ガンなどの別の病気の原因となってしまうこともあるのです。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.