包茎から起き易い炎症、病気

banner

膣トリコモナス症

膣トリコモナス症という病気は性感染症ですが、下着やタオル、便座、浴槽などから感染する可能性があります。そのため、性行為の経験がない女性や幼児でも感染することがあり、女性の50%に発症経験があるとされています。
膣トリコモナス原虫という原生動物が膣内に入り込むことで感染しますが、男性の場合は尿道への感染なら排尿で洗い出されることがあり、あまり発症しません。しかし女性の場合には重い症状がでます。

女性がこの病気になった場合、泡状の臭いの強いおりものが増える、強いかゆみや痛みなどといった症状が出ます。これを放置しておくと炎症が卵管まで至り、不妊症や早産、流産を招くことがあります。また半分程度は無症状で感染に気づかないケースが多いのも特徴です。
尿道や膀胱に感染することもあり、その場合排尿障害で病院に行ったことで感染が発覚すすることがあります。

男性の場合は尿道炎を起こすことがありますが、殆どの場合は症状が出ません。しかし尿道以外のところにも感染する他、包茎の場合は皮の内側の不衛生な環境で増殖することもあります。この病気の場合、男性の役目は原虫を保有し、パートナーに感染させることにあるといっていいでしょう。
そのため、女性がこの病気と診断されたときには、パートナーである男性も診断を受ける必要があります。そうでなければ、せっかく治療してもまた男性から再感染してしまいます。

治療は内服薬を使う他、膣座薬を使用します。本人だけでなく、パートナーも内服薬を服用します。

近年は衛生状態がよくなっていますので感染例は減っているものの、発症を繰り返すこことがあり難治症例もあります。また近頃は良好な衛生状態が当たり前になった反動で身だしなみができない人が増えてきたため、こうした病気には注意が必要です。
また男性が包茎の場合は、手術を受けて原虫が繁殖しやすい環境を断つことも重要です。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.