包茎から起き易い炎症、病気

banner

治療体験談

私は仮性包茎だったのですが、機能に問題はなく無事に結婚することができました。
しかし、結婚して子作りに励むようになってから、妻が頻繁に膣炎を起こすようになってしまいました。妻は結婚前はこういうことはなかったと困惑していましたが、何度目かの発症ののち医師に宣告を受けました。私のペニスが原因だというのです。
なんでも、仮性包茎のペニスに溜まった雑菌が、妻の膣炎の原因なのだとか。
まさかそんなことが、と思いながらも、紹介を受けた泌尿器科で診断を受けたところ、そのとおりだという結果が出ました。妻の病気の原因は私にあったのです。

私はすぐに包茎の治療が出来るクリニックを探しました。
真性包茎ではないので泌尿器科での手術はできず、保険は効きません。しっかりしたクリニックで手術を受けるには情報収集が肝心ですから、まずはネットの口コミを利用してクリニックを絞り込みました。そして、そのなかから幾つかのクリニックを選び、実際にカウンセリング受けて話を聞き、見積をもらって比較検討しました。
そして、一番納得のいく環境のクリニックで手術を受けたのです。

手術は大した時間もかからずに終了しました。仕上がりも良好で予後も良く、医師の言った通りの期間ですっかり傷痕もふさがりました。傷といっても、どこを切ったのか自分でもよくわかららないほどの綺麗な仕上がりでした。ただ、妻にはわかったようですけれども。

すっかり皮が剥けたペニスになったことで、安心して子作りに励めるようになりました。妻も喜んでくれていますし、それからは病気になることもなくなりました。
手術を受けて良かったです。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.