包茎から起き易い炎症、病気

banner

包茎が呼ぶ病

包茎というのは、ペニスの皮が亀頭を覆ったままになっている状態です。
男性の場合、生まれたときは誰もが包茎です。子供は生殖行為をすることができませんので、ペニスは皮をかぶったままで充分だからです。
しかし、思春期と呼ばれる年代に入り性成熟のための第二次性徴が始まると、ペニスも生殖行為に使えるように成長していきます。体の成長と同じようにペニスがどんどん大きくなっていき、それと同時に皮が剥けて亀頭が露出できるようになっていくのです。
このときに皮が向けないまま亀頭を外に出せない状態のままになってしまうのが、真性包茎です。また、正常に皮が剥けたものの、皮が余っていて普段は亀頭を隠してしまうのが仮性包茎、皮が剥けるけれども出口が異常に狭く、亀頭を半端に露出させ締め付けてしまうのがカントン包茎と言います。

仮性包茎なら機能上の問題はないのですが、真性包茎となると手術で皮をむかなければセックスはできません。また、皮がかぶりっぱなしなので汚れがたまり、非常に不衛生な状態となり炎症など病気の原因となることもあります。
さらにカントン包茎では、下手に勃起して元に戻らなくなってしまい亀頭を締め付け続けてしまうという非常に危険な状態になってしまいます。そのため、カントン包茎では緊急の手術が必要になることがあります。
このため包茎は病気ではありませんが、本来の人体のあるべき機能が損なわれているという意味では、病気ということもできます。

機能に問題はない仮性包茎でも、普段皮を被っている状態であれば皮の長さによっては包茎と変わらない不衛生な状態になってしまうことがあります。このような状態では、一般的な病気だけでなく性感染症にかかりやすいのです。
このため、仮性包茎であっても治療が必要なケースもあるのです。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.