包茎から起き易い炎症、病気

banner

尿路感染症

尿路感染症とは、ペニスにある尿の通り道に起きる感染症です。
尿路は、尿がつくられる腎臓に始まり、腎盂、尿管、膀胱そして尿道から尿道口までを言います。男性の場合であれば尿道口はペニスの先端となります。

尿道の感染症は、ペニスの先端である尿道口から細菌が侵入し、内部に向かって感染していきます。まれに血液から腎盂に細菌が入ることもありますが、ほとんどのケースは尿の通り道を遡っていきます。
包茎の場合は、恥垢がたまるなどペニスが不衛生になりがちです。そうした不衛生なところには細菌が繁殖しやすいので、尿路感染症にかかる可能性が非常に高くなるのです。

原因となる病原体は年齢により異なります。
幼児期は大腸菌や腸球菌など、腸の中に生息している細菌が原因となることが多いです。
大人になると、大腸菌やエンテロバクターといった腸内細菌での感染がまず挙げられます。こうした細菌は排泄物からのものとなります。さらに、淋病やクラジミアなどの性感染症を起こす細菌が尿路に入り炎症を起こすこともあるのです。
また免疫力が落ちるなどすると、緑膿菌や真菌などが炎症の原因となることもあります。

尿路感染症には、膀胱炎と腎盂肝炎があります。
感染が膀胱で止まれば膀胱炎で、腎臓まで行ってしまえば腎盂肝炎となります。やはり奥まで感染が進んでしまえばより重篤となります。
治療法は、原因となる細菌の種類に合わせた抗菌薬を投与します。口で飲む薬が多いですが、症状が重い時は静脈内投与ということもあります。
もちろん、包茎が雑菌を溜め込むことが原因である場合は、包茎手術も必要です。

Copyright(c) 2013 包茎から起き易い炎症、病気 All Rights Reserved.